【台湾ドライブ】桃園空港からレンタカーを借りよう

台湾旅行情報

台湾旅行に慣れ、ローカル線も高速バスも余裕だわ!
けど、まだまだ台湾のあちこちに行きたい!と感じたらならば…
レンタカーです。
今回は桃園国際空港から車をレンタルする方法について解説いたします。

スポンサーリンク

台湾での運転で必要な「運転免許の中国訳文」の入手

まずは台湾で有効な免許証として国際免許ではなく、JAFが発行する「日本の免許証の中国語翻訳文」が必要になります。
1通につき3,394円かかります。
台湾現地で作成することもできるようで、そちらだと1600円程度で良いらしいです。

無題の図形描画.jpg

JAF 日本の免許証の中国語翻訳文 お申し込みのご案内

台湾大手レンタカー会社「和運租車」でレンタルネット申し込み

台湾のレンタカー会社「和運租車」を利用します。
日本のトヨタの合弁会社です。

「和運租車」の良いところは別支店返却サービスが(予約)無料で出来るところです。

「和運租車」 基本付帯保険+免責概要

自身保険:200万元
搭乗者保険:300万元
第三者保険:傷害200万元、死亡、400万元、物損50万元
車両損害負担:最高自己負担額は1万元+最高20日の営業損失代金
盗難保険:自己負担額は車両時価1/10+ 最高20日の営業損失代金

https://www.easyrent.com.tw/Japanese/

まずは「レンタを予約する」→「レンタカー」を押します。

すると中国語と英語の予約ページが開きます。
(唐突な日本語離れにびっくりしますが(笑))

入力事項等を入力します。

桃園空港で車をレンタルしたい場合、「桃園大園站」(桃園大園支店)になります。
往路便名の入力フォームが登場します。

第2ターミナル1階の和運租車デスクから桃園大園支店への無料送迎が行われます。
前述した通り、返却場所を別店舗にしても無料です。便利ですね!

「確認送出」(確定)を押すと、次にオプションサービス画面に出ます。

安心サービスは追加の保険サービスで加入し、警察の事故報告書を提出すれば
100万元の修理費の減額と、営業損害が免除となります。

入力事項が良ければ、「下一歩」を押します。

クレジットカード情報入力画面となります。

この画面になると予約完了です。

The resource cannot be found.

予約確認、キャンセルはこちらのページで
予約時に入力した名前と電話番号を入力すればできます。

桃園国際空港で受付の流れ

まずは台湾に向かう前に持ち物の確認!
レンタルする際には提示するものが4つあります。

  • 日本の運転免許証
  • 中国訳文運転免許証
  • パスポート
  • クレジットカード

台湾、桃園国際空港第2ターミナル1階に「和運租車」のデスクがあります。
第1ターミナルにはありません。

デスクで受け付けると店舗への送迎を手配してもらえます。
デスクの方は日本語ができました。
受け付けてからやってくるので少し待ちます。

「桃園大園站」です。

  • 日本の運転免許証
  • 中国訳文運転免許証
  • パスポート
  • クレジットカード

以上を提示し、保険や料金制度について同意をしていきます。

ユニークな料金制度

料金表

日本のレンタカーと大きく違うのは車のクラスと走行料金に応じたお金を請求されることです。

走行距離×2.5〜4.5(レンタカーのグレードによって変動)です。
2.5のランクで100km走ると250NTの追加料金です。
高いと思いますか?この金額にはガソリン代も含まれているのです。
ちなみに1日400kmの走行距離制限があり、それを超えると1kmあたり2NT追加になります。

ガソリンはこの給油カードで給油します。
提携している2つのチェーン店で使えます。
つまりガソリン代はレンタカー会社持ちです。
台湾のガソリンはリッターあたり約30NTDです。
最近の車はリッターあたり15km/lは走ってくれると思います。
計算するとkmあたり2NTDになりますので
走行距離あたり2.5NTDかかるのはそこまで高くないです。
うっかり自前のクレジットカードなどで給油しても返金はないので
必ずこの給油カードを使いましょう。
ちなみにガソリン満タン返しじゃなくて良いよ~と言われました。

日本語カーナビつき

カーナビがついていました。
このカーナビ、日本語仕様です!ありがたい!(韓国のレンタカーはハングルなので大変。)
また、このカーナビ日本語訳、日本語音声が完璧です!
シガーソケットから給電されているのでシガーソケットからスマホ充電を考えている方は二股にするなり工夫が必要です。

高速道路料金は超スマート

青い光が道路上のETCアンテナ

台湾の高速道路料金支払いはETCのみです。
ETCカードは搭載されています。ETC代も返却時、精算になります。
台湾のETCは超スマートで最初、道路上のどこにETCアンテナか気づきませんでした。

台湾で自動車運転は危ない?

自動車の運転ですが、基本的に快適です。
自動車での移動は 基本的に高速道路と快速道路を利用します。


高速道路は自動車のみ、快速道路は自動車と重機車(大型バイク)のみなので
すり抜けのスクーターで肝を冷やすことはありません。

サービスエリアも清潔で快適です。

郊外に出ると一般道でもほぼスクーターはいません。

ただ、市街地はスクーターだらけなので自動車で市街地散策はオススメしません。
スクーターにしよう。(提案)

最後に走行料金支払い

返却時は走行距離に応じた追加料金とETC代を支払います。
レンタカーのレンタル代は1泊2日で500km程度走って15,000円でした。
(レンタカー代、走行距離代、ETC代込、安心服務込。)

最後にレンタカー店から桃園国際空港へ送っていただきました。

ということで台湾のレンタカー。
めちゃくちゃ便利です。
気軽なレンタバイクと便利なレンタカーの使い分けで台湾旅行を楽しみたいですね。

タイトルとURLをコピーしました