台湾のドムドム的なハンバーガーチェーン「丹丹バーガー」

2019年3月1日台南市の珍スポット、変わった観光地食べること

丹丹バーガー

日本のハンバーガーチェーン店といえば
マクドナルド、モスバーガー、バーガーキングなど様々。
ドムドムバーガーという、最もマイナーなことで有名なバーガーチェーン店があります。

台湾にもそんな感じの「丹丹バーガー」というマイナーバーガーチェーンがあるのでご紹介します。

台湾南部のローカルハンバーガーチェーン店

丹丹漢堡(ダンダンハンバーガー)は台南、高雄を中心にチェーン展開しております。
ホームページも以前のドムドムバーガーホームページのような90年代スメルがします。

店内はタイル張りで90年代テイストがプンプンします。
丹丹バーガーはマジで大人気。ランチ時には行列ができます。
確実に食べたい方は開店直後を狙いましょう。

丹丹バーガーの特徴は安さと中華なファーストフードが食べられるところです。
麺料理やお粥が販売されています。日本のハンバーガーショップでは考えられませんよね。

そして、安さ。
ハンバーガーと麺料理とドリンクのセットが400円未満で食べられます。
日本の昼マックより安いですよ!

注文するとレシート番号の末三桁の番号で呼び出されます。
写真のは”285″ですね。
壁の呼び出し番号を確認しましょう。

お粥とドリンクのセットを注文しました。
お値段150円くらいです。安いw

コーンやわかめ具だくさんなお粥。
お粥なのに味わいが濃厚でぜひとも食べてほしいですね。
ハンバーガー屋ですけど。

丹丹ハンバーガーホームページ


台湾の歴史や文化ならプロのガイドさん!
米田昌平
サイト運営者:米田昌平
普通の会社員なのにうっかり、月に2,3回台湾に遊びに行ってしまう。
「BikeJin」等雑誌連載、掲載経験あり
著者情報
(親サイトのバイクでどっかいこに飛びます)
お問い合わせ、ご依頼は こちらから
プライバシーポリシー