台湾南部名物”パチンコソーセージ”で、ボロ負けしたwww


台南の巨大夜市、花園夜市や大東夜市に行くと古めかしい人形が立ってるパチンコ屋さんがたまにあります。
そこから聞こえる小気味よい「パフッ!」というラッパの音も気になります。

パチンコでソーセージ大量ゲットのチャンス1?

このお店はパチンコの結果に応じて、ソーセージがもらえます。
正式呼称があるのか知りませんが、本記事では”パチンコソーセージ”と呼びます。

この”パチンコソーセージ”は台湾南部の独特の文化です。
西暦1950年代あたりから脈々と続いている台湾ソーセージの販売方法です。
昔はソーセージグリルとパチンコが据えられた自転車で屋台売りしていたようですね。

ワンプレイ10元。
10元を投入すると盤面がリセットされ、4発玉を発射できます。
この4発の玉の得点に応じてうまくいけばソーセージがもらえるってわけです。

とりあえずソーセージを手に入れるには70点以下、もしくは140点以上を狙わなくてはいけません。
80から120点は飴玉1個です。ちなみに130点はもう1ゲーム。
見事、500点以上獲得できればソーセージ20本(分の引換券)がもらえます!
1穴100点超えの穴は「どうやっていれんだよwww」ってところにあるので多分、無理です。

5回挑戦してみたのですが、スカ!
僕の50元はキャンディ5個に変わりました。

小気味よいパフッ!の音はソーセージゲットの点数にいった時に店員さんを呼ぶためのラッパです。
ラッパ鳴らすのなんてこっ恥ずかしいからって声で呼んでも、店員さんに儀式としてラッパを鳴らすことを強要されます!


台湾の歴史や文化ならプロのガイドさん!
米田昌平 サイト運営者:米田昌平
普通の会社員なのにうっかり、月に2,3回台湾に遊びに行ってしまう。
「BikeJin」等雑誌連載、掲載経験あり
著者情報
(親サイトのバイクでどっかいこに飛びます)
お問い合わせ、ご依頼は こちらから
プライバシーポリシー