【台湾ツーリング入門】台湾のハワイ!恒春ツーリング

2019年1月15日

新たなことに挑戦してみたいライダーの皆さん!
海外ツーリングに挑戦してみませんか?
今回は海外ツーリング入門としてオススメな台湾ツーリングにおいて
最もチャレンジしやすい「恒春ツーリング」に挑戦してみませんか?

僕が台湾ツーリングをオススメする理由

↑僕が台湾ツーリングをオススメする理由を書いた記事です。

【初心者必読】台湾ツーリングをする上で必要な免許や道路交通法、保険についての記事です。
日本で運転免許証取得できていればさほど、身構える必要は無いかと思います。

恒春ツーリング

僕のベストルートとしては日本から台湾の高雄空港に降り、恒春(ハンチュン)に向かいます。

高雄空港ですべきことは
SIMカードの入手、恒春(ハンチュン)行きのバスに乗ることです。

高雄空港でのSIMカードの入手方法

高雄空港にて、台湾に入国すると”中華電信”と”台湾大哥大”のカウンターがあります。
日本で言うところの”docomo”と”au”みたいな感じ。台湾での大手通信キャリアです。
ここでSIMカードを入手することがあります。

3日間データ通信無制限+400円分の音声通話代がついて約1200円
7日間データ通信無制限+600円分の音声通話代で約2000円ですね。
海外あちこち行きましたけど、台湾のSIMカードは結構安いです。
台湾行くならSIMフリースマホに台湾SIMカード挿しましょう。
”中華電信”と”台湾大哥大”のSIMカードの値段は変わりません。

恒春(ハンチュン)に行こう


恒春(ハンチュン)行きのバスのチケットは
高雄空港の5番出入りそばにあるチケット売り場で購入できます。
「恒春(ハンチュン)!」と言ってチケット貰いましょう。

高雄空港↔恒春 往復で約2400円です。

9117号線のバスで恒春(ハンチュン)に向かうようになります。
高雄空港から恒春(ハンチュン)まで、約3時間の行程になります。
トイレ休憩などないので乗る前にはトイレ済ませておきましょう。

恒春(ハンチュン)バスステーションで降りましょう。

恒春(ハンチュン)は猫と壁の街

恒春(ハンチュン)は小さな街です。
毎週日曜日には夜市が開催されます。
こじんまりとしていながらも地元の人が集まる賑わいのある夜市です。

恒春(ハンチュン)は街全体が壁で覆われております。
「進撃の巨人」に登場する街のような、要塞感があります。

放し飼い気味の猫ちゃんがよく見かけます。
僕が泊まったゲストハウスも猫だらけでした。

バイクを借りよう

バイクは「宏廸機車出租単車維修」というお店で借りました。
運転免許証の中国語訳文が必要です。
24時間110ccバイク400元、125cc500元です。
ヘルメットのレンタルは無料です。
デポジット(保障)としてパスポートまたは日本の免許証を預ける必要があります。

さて、バイクを借りたら南に向かい台湾最南端に向かいましょう!
恒春(ハンチュン)から台湾最南端までは最20kmほど。
そこまで大変ではないと思います。

道路はほぼ一直線なので迷わないでしょう。
しかし、台湾のレンタルバイクはガソリン満タン返しの必要がないため
借りたバイクがガソリンすっからかんの可能性もあります。

台湾最南端に向かう途中に墾丁というリゾート街を通過します。
世界中からバカンスに来ている賑わいのある街です。

さて、墾丁を通過すると台湾最南端はすぐそこです!

帰りもバス一本

帰りは恒春(ハンチュン)バスセンターから臨918のバスで高雄空港に帰りましょう。
このツーリングプランは3日もあれば余裕で行なえます。

交通量も少なくて景色もキレイで周りから一目置かれる台湾ツーリング!
挑戦してみてはいかがでしょうか?


台湾の歴史や文化ならプロのガイドさん!
米田昌平 サイト運営者:米田昌平
普通の会社員なのにうっかり、月に2,3回台湾に遊びに行ってしまう。
「BikeJin」等雑誌連載、掲載経験あり
著者情報
(親サイトのバイクでどっかいこに飛びます)
お問い合わせ、ご依頼は こちらから
プライバシーポリシー